アプリケーションの脆弱性をブロック。マネージドBarracudaはお客様のシステムをセキュリティ脅威から守ります。

Google Cloud Platform(GCP)のフルマネージドサービスGoogle Cloud Platform(GCP)の
フルマネージドサービス

電話番号

東証マザーズ上場

GCPパートナー

マネージドBarracudaでアプリケーションの
脆弱性をブロック

Barracuda仮想アプライアンスをマネージメント付きでご提供致します。
初期導入時の環境構築から24時間365日体制での監視対応/障害一時対応までが
サービスに含まれています。

サービスの特徴

Webサービスのセキュリティでお困りではありませんか?

  • Webサービスのセキュリティを充実させたいけど、具体的にどんなサービスを利用すれば良いかわからない。
  • アプリケーションに脆弱性が見つかったけど、予算、時間の観点からすぐに改修の予定が立てられない。
  • 自分たちのシステムに合うようにチューニングしたいけど専門知識がない。

マネージドBarracudaではこうした課題を解決します。

マネージドBarracuda で出来るセキュリティ対策

  • 脅威を検出して防御
    OWASP Top 10にリストアップされている各脅威に対する防御が可能です。
  • パスワードリスト攻撃を回避
    パスワードリスト攻撃対策として、大量のログイン行動を検知したときのみCAPTHA認証画面を挿入することが可能です。
  • 不正クローラー対策
    正常な検索エンジンなどホワイトリスト化し、ハニートラップを用いることにより不正なボットか正常なユーザーかを判別することが可能です。
  • L7 DDoS攻撃を阻止
    通信量を常に監視し、送信元IPアドレスあたりの平均通信量を計算することにより、L7 DDoS攻撃を阻止します。
  • 攻撃者に対する情報隠蔽
    Webサイトクローキング機能で、攻撃者にWebサイトへのアタック手法のヒントとなる情報を隠蔽できます。
  • 特定の国のアクセス制御
    GeoIPデータベースを用いることにより、特定の国からのアクセス拒否や許可をすることが可能です。

マネージドBarracuda 運用の仕組み

項目サポート内容
初期構築作業費用

サポート内容

・Barracuda WAFの構築作業
・運用監視関連設定作業
- 貴社環境(GCP)と弊社環境とのNW接続設定及び確認
- 監視疎通確認
- 各種監視項目及び閾値の設定
- 警報発生時の連絡フロー確認
- 対応手順書確認

月額運用委託費用

サポート内容

・ライセンス(BYOL) * 台数分
・24時間365日の監視対応
・24時間365日の警報発生時のメール・電話によるご連絡
・24時間365日の障害一次対応の実施
・監視項目追加・変更・削除、閾値の設定・変更
・依頼作業の実施(設定変更、ポリシールール、チューニング変更等)
※サービスイン後の依頼作業については、最大月2回(最大合計2h以内/月)迄の対応を想定しております。* BYOL = Bring Your Own License

サービスの流れ
STEP 項目
費用

詳しくはお問合せ下さい。
お客様環境をヒアリングさせて頂き、
最適モデルを紹介します。